2.音を出す 
 2.1音が出る原理
 @尺八の音が出る原理はリコーダなどと同じです。
 Aリコーダは吹き口の部分から、下図のように水平に空気が送り込まれ、
     エッジ(尺八の歌口)部分で空気が上下に分かれ、結果として空気圧が微妙
     に変化・振動し、音になります。
 B尺八では、リコーダ等の吹き口からエッジ(歌口)に対して直線的に水平に空
     気を送り込む状態を実現することで音を出すことが出来ます。

 
2.2顔と尺八の角度
 @下図@の状態で尺八の重さに耐えて長く保持するのは困難です。
 A尺八を楽に保持するため下記2つに拠りますが更に下図Bの工夫が必要です。
   (ア)顔を下に向ける
   (イ)尺八を楽に保持する角度まで歌口を斜めに加工してあります。
 B下図Aのように尺八に対して顎が上がってはいけません。
  C歌口に直角に空気を吹き込むには下図Bの工夫が必要です。
2.3 唇と歌口
 @尺八の場合でもリコーダ等と同じように空気を送り込む仕組み・原
    理を実現することが大切です。
 A上図Bの構えのように軽くお辞儀をした形で顎を引き下唇を歌口に
  少し入れ歌口の下の部分を顎の凹みに当て歌口を安定させます。
  唇の中心から歌口の中心に空気を送り込む感じを大切にします。
  B唇を閉じそのまま吹けば顔と直角に空気が出るので空気が上滑り
  (図左の赤→)します。そこで上滑り分の角度を補正し唇全体をほん
  の少し下に向け吹くことを意識する事で歌口と正対することか出来
  ます。
  これで歌口に空気が直線的に送り込まれ(図左の青→)音が効率的に
  出ることになります。
  C尺八の歌口の口径が比較的小さい場合は上記方法で良いですが、歌
  口の口径が小さい場合や下唇が大きい場合で唇の中心が歌口より上
  になると空気が上すべりするようになります。この場合歌口の下部
  の下顎に当たる部分を削るなどの調整が必要です。
 D重要なことは、歌口を安定させ下図に示す唇の中心が歌口の凹んだ
  中心に正対するように常に意識することです。
 E唇の開閉は歌口の下図の点線の範囲を守ります。
ホーム
尺八の構え
尺八の吹き方
リズムの取り方
右の写真は実際の歌口の関係を示しています。
上のB図と比較してみて下さい。唇・顎と尺八は直角になっていませんね。
唇からの空気はやや下方向に吹き込むことでリコーダと同じように直角に吹き込むことが可能になります。この角度はその方の持ち方の特性などにより変わりますのでご自身で探る必要があります。