2.音を出す 
 2.1音が出る原理
 @尺八の音が出る原理はリコーダなどと同じです。
 Aリコーダは吹き口の部分から、下図のように水平に空気が送り込まれ、
     エッジ(尺八の歌口)部分で空気が上下に分かれ、結果として空気圧が微妙
     に変化・振動し、音になります。
 B尺八では、リコーダ等の吹き口からエッジ(歌口)に対して直線的に水平に空
     気を送り込む状態を実現することで音を出すことが出来ます。

 
2.2顔と尺八の角度
 (1)下図@のように尺八に対して顎が上がってはいけません。
   @顎が上がるとが図のように空気が上滑りするので音が出ません。
   A唇と歌口が離れすぎて安定して音を出すことが出来せん。
 (2)尺八を楽に保持し、正しく吹くためには下図Aのように
   @顔を下に向け顎を引き、空気を歌口に対して正対するように吹きます。
   A尺八は予め歌口を斜めに加工してあります。
   B唇を歌口に正対することを意識しすぎ、上唇が歌口を塞ぐ形になると
    音が出なくなるので注意しましょう。
2.3 唇と歌口
 @尺八の場合でもリコーダ等と同じように空気を送り込む仕組み・原
    理を実現することが大切です。
 A上図Aの構えのように軽くお辞儀をした形で顎を引き下唇を歌口に
  少し入れ歌口の下の部分を顎の凹みに当て歌口を安定させます。
  唇の中心から歌口の中心に空気を送り込む感じを大切にします。
  B顎が上がると唇からの空気が@のように上滑りするので注意しま
  しょう。
 C重要なことは、歌口を安定させ下図に示す唇の中心が歌口の凹んだ
  中心に正対するように常に意識することです。
 D唇の開閉は歌口の下図の点線の範囲を守ります。
ホーム
尺八の構え
尺八の吹き方
リズムの取り方
右の写真は実際の歌口の関係を示しています。
唇と歌口は、必ずしも直角には見えません。

空気が歌口に正対しているかどうかは、その方の吹き方で変わります。各人の工夫が必要です。
例えば
@唇から空気を吹き出す角度を微妙に下向きに
 変える。
A尺八の先端を下から上に少しずつ変え唇と歌口
 の角度を微妙に変え。音が良く出る所を捜す。
B空気が上滑りしていないか歌口の位置を上下に
 微妙に変える。